ユヴェントスで歴代9位タイとなる115ゴールを決めたパウロ・ディバラ。契約更新を断った彼は今季限りでの退団が決まっている。

宿敵であるインテルへのフリー移籍が近づくなか、SNSが荒らされているようだ。

『La Gazzetta dello Sport』によれば、SNS上で一部のユーヴェファンから絶え間ない侮辱を受けているディバラは通知をオフにしなければいけなかったそう。

【関連】ウイイレでお世話になった「インテルのスター選手」ベスト11

ただ、代理人への手数料支払いをめぐり、ディバラのインテル移籍は停滞気味とも伝えられている。