レアル・マドリーで3年目となる今季はわずか1ゴールに終わったエデン・アザール。

序列は完全な控えになってしまったが、本人は復活するとファンに宣言している。

『El Larguero』によれば、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督も太鼓判を押したそう。

ロベルト・マルティネス(ベルギー代表監督)

「アザールはキャリア最高の時にある。

6月には彼の心理状態やフィジカルコンディションに驚かされた。

レアルのファンたちは全く別人になったアザールを目にすることだろう。

彼はレアルでの成功に必死になっている。その目標を変えようとはしていない。

W杯でも優勝したがっている。違いを作り出す選手がいるなら、何が起ころうともポジティブなものになるはずだ」

31歳になったアザールは心身ともに絶好調にあると断言したそう。

【動画】アザールも走る!ベルギー、日本代表を絶望させた電撃ゴール

そのうえで、来季こそは別人のようなプレーが見られるはずだと予言してたようだ。