リヴァプールとの契約更新を断り、PSGへフリー移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム。

加入1年目は38試合に出場したが、微妙な役割に甘んじており、代表からも落選してしまった。

そうしたなか、古巣リヴァプールが交渉に乗り出したという話が浮上。ただ、ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、この噂は「フェイク」だという。

【関連】「リヴァプール退団を後悔しているスター5人とその言葉」

リヴァプールの首脳陣が優先しているのは、MFナビ・ケイタとの契約延長だそう。