ベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを100億円超で獲得したリヴァプール。

一方、サディオ・マネはバイエルン・ミュンヘン移籍がほぼ決まった。彼に続き、南野拓実の放出も近づいているようだ。

『Foot Mercato』によれば、リヴァプールとモナコは南野の移籍で合意に達したという。

移籍金は1500万ユーロ(21億円)、支払いは5回の分割払いになるとのこと。

【関連】南野も…日本代表、「6月4連戦」で評価を下げてしまった6人

今季のリーグアンで3位だったモナコはUEFAチャンピオンズリーグに予選3回戦から出場する。南野はフランスに活躍の場を移すのだろうか。