ロマン・アブラモヴィッチから新オーナーへの売却と体制移行が決まったチェルシー。

『Daily Mail』によれば、新オーナー兼会長であるトッド・ベーリー氏は1.5億ポンド(248億円)もの補強費を用意しており、チームはラヒーム・スターリングとウスマヌ・デンベレのダブル獲得を狙っているという。

チェルシーはロメル・ルカクのインテル復帰が決定的となっている。そこで、マンチェスター・シティとの契約が残り1年となったスターリング、そして、バルセロナとの契約が満了になったデンベレの2人を補強しようとしているとのこと。

『Telegraph』によると、チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、シティにオファーを送る前にスターリングに連絡をとっていたという。かなり本腰ということのようだ。