マンチェスター・ユナイテッドの補強に懸念を抱いているとされるクリスティアーノ・ロナウド。

代理人であるジョルジュ・メンデスがバイエルンに獲得を持ちかけたというが、相手側から断られたとされている。

『The Athletic』によれば、メンデスはチェルシーの新オーナー兼会長であるトッド・ベーリー氏と先週にポルトガルで会談を行ったという。

そこではロナウドのチェルシー移籍についても話し合ったとのこと。ただ、チェルシーが獲得に向けて動くは不透明。

ユナイテッドはロナウドの残留を期待しており、ロナウド本人もユナイテッドを愛しているが、懸念も抱いているという。

【関連】なぜかチェルシーではダメだった「世界的スターFW」5名

『CaughtOffside』は、チェルシーが37歳のロナウドの獲得に動く可能性は低いとしている。