夏の移籍市場に入ったことで、移籍をめぐる様々な噂が飛び交っている。

『SPORT』によれば、アーセナルはリーズのブラジル代表ラフィーニャ争奪戦から撤退したという。

アーセナルはマンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスを5200万ユーロ(74億円)で獲得する見込み。5年契約で年俸はチーム最高給の1160万ユーロ(16.5億円)になるという。

ジェズス獲得に多額の投資を行うため、ラフィーニャ獲得からは手を引くとのこと。

そのラフィーニャはバルセロナへの移籍を熱望しており、プレミアリーグのクラブからのオファーは全てブロックしているそう。一方、バルサはリーズが提示した5000万ユーロ(71億円)の移籍金を引き下げようとしているという。

【関連】「アーセナル、市場価値よりも高く買ってしまった割高選手たち」

また、契約が6月30日で満了になるウスマヌ・デンベレの去就(残留か否か?)も今週中には判明するとのこと。