元Jリーガーであるブラジル人DFダンクレーが所属するサウジアラビアの名門アル・アハリ。

2021-22シーズンのサウジ1部リーグで15位に終わり、2部降格が決まった。

元リーズのエズジャン・アリオスキらも擁する同クラブだが、ラスト10試合で1勝4分5敗と大ブレーキ。勝点差1ポイントでクラブ史上初の2部降格となってしまった。

1937年創設のアル・アハリは中東で最も歴史あるクラブのひとつ。2016年にはサウジ史上唯一となる国内3冠を達成し、51試合無敗の記録も作った。

現地では「唯一の3冠達成者であるアル・アハリの降格は歴史的惨事」と伝えられている。

【関連】「凄い選手がいたのに降格の悲劇を味わった10のチーム」

ダンクレーは今季23試合に出場したが、最後の5試合はメンバー外。

彼は「自分がチームを助ける準備ができていない状態だったという話は嘘だ。ドクターの許可を得て戻っており、100%プレーに戻る準備できていた。出産を控えた妻を残してきた。息子の誕生という父親として最も大切な瞬間に立ち会えない代わりにここにいたんだ」というメッセージをSNSで出している。