バルセロナとの契約が今月30日で満了になるフランス代表FWウスマヌ・デンベレ。

もはや移籍は必至とみられているが、『RAC1』が気になる情報を伝えている。

バルサは昨年12月に提示した金額よりも低いオファーをデンベレに提示したという。

デンベレは移籍ではなく残留を望んでおり、オファーを受け入れるとバルサ側は自信を持っているとのこと。

【関連】最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」7選

デンベレ側は30日までに回答する必要があるが、バルサは彼の代理人であるムサ・シソコへの契約更新ボーナスの支払いは拒否したとも。