ミランが2010–11シーズン以来となる優勝を飾った昨季のセリエA。6位までの順位はミラン、インテル、ナポリ、ユヴェントス、ラツィオ、ローマというものだった。

まだ各チームともに補強を行っている段階だが、ジャンルイージ・ブッフォンが早くも優勝予想をしていたようだ。『La Stampa』でこう述べていたそう。

ジャンルイージ・ブッフォン(パルマGK)

「ユーヴェとインテルが他チームを凌駕しており、ユーヴェがわずかに先行していると思う。

そのすぐに後ろにミランがいる。昨シーズンもそうだったが、彼らは全力を賭すのが得意だ」

ブッフォンは古巣であるユーヴェを優勝候補筆頭に指名。

屈辱の2連連続4位に終わったユーヴェはパウロ・ディバラ、ジョルジョ・キエッリーニ、フェデリコ・ベルナルデスキら退団したが、アンヘル・ディマリアとポール・ポグバ(正式発表はまだ)を0円で獲得するなど補強を進めている。

【関連】「タダ獲りの達人」ユヴェントス、0円で契約したベスト11

インテルはイヴァン・ペリシッチが退団したが、ロメル・ルカク、ヘンリフ・ムヒタリャン、アンドレ・オナナらを補強。

そして、ミランはフランク・ケシエが退団した一方、ディヴォック・オリギを獲得している。

2022-23シーズンのセリエAは8月14日に開幕を迎える予定だ。