バルセロナはリーズからブラジル代表FWラフィーニャを獲得した。

契約は2026年6月末まで、契約解除料は10億ユーロ(1397億円)に設定されている。

そうしたなか、『Yorkshire Evening Post』が気になる情報を伝えた。

リーズは、バルサが合意された期限内に合意した金額を支払わなかった場合、バルサ側が多額の罰金を支払わなければならないという条項を契約に盛り込んだとのこと。

【関連】Jリーガーもいる…「バルセロナ、近年最悪の取引ワースト9」

移籍金の分割払いが滞った場合、罰金を科される条項が契約に付帯されているとか。