レアル・マドリーを退団して、MLSのロサンゼルスFCに移籍したギャレス・ベイル。

移籍後2試合目となるスポーティング・カンザスシティ戦で初ゴールを決めた。

その得点シーンがこちら(動画4分54秒から)。

カウンターからクリスティアン・アランゴのパスを受けたベイルは左足でシュートを決めてみせた。

【関連】W杯にまだ一度も出場したことがない11人の現役スター選手

チームも0-2で勝利しており、ベイルは「一番大事なのは、何よりもチームが勝ったこと。交代出場からゴールを決め、チームの勝点3獲得に貢献できたのはいいね。フィットネスをかなり速く取り戻せている」と手応えを口にしていた。