香港とのE-1初戦に6-0で勝利した日本代表は、本日行われる第2戦で中国と対戦する。

今大会の中国は2人を除き23歳以下の若手選手で編成されている。実に12人が代表初キャップを刻んだ韓国との初戦では、わずかシュート1本に終わり、0-3で敗れた。

『新浪体育』では、「日本との力の差はどうしようもなく、大敗は避けられそうにない。若きU-23の選手たちにはあまり気持ちを切らさずに、冷静さと集中を保ち、日本のあらゆる攻撃をかわすためにベストを尽くし、少ない攻撃のチャンスを大切にして欲しい。何よりも大事なのは希望を捨てないことだ」と伝えている。

また、『网易体育』でも「中国はU-23を中心に2人のオーバーエイジという顔触れで、日本や韓国との差は歴然。日本戦で勝点を得る可能性は極めて低いが、大事なのは試合のプロセス」としている。

【関連】日本代表、大逆転でW杯メンバーを狙える6人のJリーガー

今大会の中国を率いるU-23のアレクサンダル・ヤンコヴィッチ監督は「我々は4バックでも5バックでもプレーするし、その2つをスイッチできる」とコメント。日本戦はどういった布陣で挑むだろうか。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら