アメリカでのプレシーズンマッチでバルセロナと対戦したレアル・マドリー。

この日のDFラインは右から、ルーカス・バスケス、エデル・ミリトン、ダヴィド・アラバ、アントニオ・リュディガーという面子だった。

新加入のドイツ代表DFリュディガーはCBではなく左サイドバックとして起用されている。試合後、アンチェロッティ監督はこう述べていた。

カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)

「(サイドバックでの)リュディガーをとても気に入ったよ。

私は頭がおかしくなったわけではない、彼はとてもインテリジェンスがあるからね。

彼はあのポジションでもプレーできるし、試合中にアラバとポジション変更もできる。

今日それをしなかったのは、彼がよかったからだ。

アラバが左サイドバックとしてプレーするのは例外的なケース。昨季機能したペアには触れたくない」

昨季はミリトンとアラバがCBを組んだが、基本的にはそのコンビを動かしたくないという。

左サイドバックはマルセロが退団したが、アラバをコンバートすることはないようだ。リュディガーがこのまま左サイドバックとしてプレーするのか注目だ。