日本でのプレシーズンツアーを終えたPSG。ナントとのトロフェ・デ・シャンピオン(仏スーパーカップ)に4-0で勝利して優勝を飾った。

試合は昨年と同様にイスラエルで行われたが、『AS』によれば、モロッコ代表アシュラフ・ハキミはボールタッチの度にブーイングを浴びていたという。

彼はイスラエルとパレスチナの衝突が再激化した際、パレスチナを支持するメッセージを出した。

そのことで昨年もイスラエルファンからブーイングを浴び続けたが、今年も同じような扱いを受けていたようだ。

【関連】PSG、実は日本人とチームメイトだったスター選手まとめ

なお、カタールはガザ地区支援のために昨年だけで3.6億ドル(480億円)を寄付。カタール資本であるPSGの試合をイスラエルで行うことには疑問も寄せられている。