2022年度のバロンドール候補が発表になった。

そのひとりに名を連ねたPSGのキリアン・エムバペが『France Football』のインタビューに答えた。

彼はレアル・マドリーへの移籍を封印したが、それがバロンドール受賞に影響するかについてこう述べたそう。

キリアン・エムバペ

「レアルは“バロンドール マシーン”さ。それは認識しなければいけない。

本当のノウハウがある。でも、最も大事なのはピッチ上さ。

バロンドールを得るのは、所属クラブではなく選手だ。

いつの日かパリで獲得できると確信している」

「自分が3度の世界チャンピオンになり、クラブでも欧州制覇を成し遂げたら、もしバロンドールを受賞できなかったとしても、キャリアは失敗だったと言いに来る人はいないと思う」

「(今年の上位3人は)カリム・ベンゼマ、僕、サディオ・マネ。

もし、カリムの立場で勝ち取れなかったら、永遠にバロンドールのことを考えるのを止めるよ(笑)」

レアルでなくてもバロンドールは勝ち取れるはずと宣言。

【関連】メッシも…2022年バロンドール候補から落選したベストイレブン

また、今年はベンゼマが受賞すべきと断言していた。