マンチェスター・ユナイテッドからの移籍を希望しているとされるクリスティアーノ・ロナウド。

『Corriere dello Sport』によれば、代理人のジョルジュ・メンデスは数週間前にミランとインテルに獲得を持ちかけていたという。

昨季スクデットを獲得したミランと2位インテルはそれぞれUEFAチャンピオンズリーグに出場する。

ただ、両チームは経済的選択とスポーツプロジェクトの相違を理由にロナウドの獲得を丁重に断ったそう。彼らはロナウド側が求める2400万ユーロ(32億円)もの年俸に震えあがったとか。

【関連】ウイイレでお世話になった「インテルのスター選手」ベスト11

ロナウドは両チームのライバルといえるユヴェントスでプレーしていたこともあったが…。