練習参加していたシント=トロイデンに電撃加入した岡崎慎司。

36歳になったストライカーは香川真司との“しんじ”コンビで早速新天地デビューを果たした。その岡崎は背番号30を選んだが、SNSにこう綴っている。

岡崎慎司

「エスパルスに小野伸二さんが来た時につけていた番号で、僕にとっては特別に感じてます。

あの時の伸二さんみたいに僕も後ろ姿を沢山の人に見せたい。」

現在は北海道コンサドーレ札幌に所属する小野伸二。彼は2010年1月に岡崎が当時所属していた清水エスパルスに加入し、当時の年齢と同じ30番をつけた。

【関連】「Jリーグ史上最も奇妙な背番号」をつけた11人の選手

岡崎はその時ことを覚えており、偉大な先輩が背負った30番に思い入れがあるようだ。これに小野はこう返信している。

小野伸二

「その姿を北海道コンサドーレ札幌でどうかなぁ?

『シンジ』弟にそう言ってもらえて光栄です

常に挑戦し続けてる姿にみんな刺激をもらってるよ。

you can do it!!」

シンジ会の弟にエールを送りつつ、コンサドーレ入りを誘ってもいた。この小野からのメッセージを受けた岡崎は「頑張ります!」と応えている。