プレミアリーグ唯一の開幕4連勝を飾り、首位に立つ好調アーセナル。

冨安健洋は第4節フラム戦で後半44分からピッチに立った。

エミレーツ・スタジアムで行われたこの試合を日本人選手が観戦に訪れていたようだ。

アーセナル冨安の試合をスタンド観戦していた日本人選手とは

シャルルロワの森岡亮太が「冨安In」というコメントとともにスタンドからの様子をSNSにポスト。これを冨安もリポストしていた。

森岡はこの前日に行われたクルブ・ブルッヘ戦で今季初ゴールを決めている。その後にロンドンに向かったのだろうか。

なお、ミケル・アルテタ監督にとって、この日がアーセナルで指揮するプレミアリーグ100試合目。指揮官は「先週よりもさらに満足しているし、最高のパフォーマンスだった。試合をコントロールし、支配していたし、チャンスも多く作り出した」と手応えを口にしていた。

【関連】プレミアリーグを戦った日本人選手「ベストな5名とワーストな5名」

日本時間9月1日のアストン・ヴィラ戦では冨安のプレータイム増にも期待したい。