バルセロナからチェルシーへの移籍が決まったピエール・オーバメヤング。

今年1月まではアーセナルに所属しており、かつての宿敵でプレーすることになる。

アーセナル時代はキャプテンも任されていたが、度重なる規律違反を許さなかったミケル・アルテタ監督は彼を追放した。そうしたなか、アルテタ監督はオーバメヤングのチェルシー移籍についてこう述べている。

ミケル・アルテア(アーセナル監督)

「彼は再び変化を望み、将来のための最適な移籍先を見つけたいという思いから決断を下した。

我々は彼の幸運を願っている」

幸運を祈ると大人なコメントをしていた。

【関連】「禁断の移籍」を許して後悔した9つのケース

注目のチェルシーとアーセナルとの対戦は11月6日に予定されている。