マンチェスター・ユナイテッドからの移籍を希望していたものの、チームに残留することになったクリスティアーノ・ロナウド。

ただ、マーカス・ラッシュフォードの控えというような立場にあるため、1月の移籍市場での退団が早くも囁かれている。

『Mirror』によれば、ロナウドはこの夏にサウジアラビアから受けた年俸2.11億ポンド(351億円)の超オファーは断ったが、それを再検討するかもしれないそう。

【関連】世界が仰天した「ありえない心変わり移籍」8選

サウジサッカー連盟会長が『The Athletic』のインタビューでその可能性を示唆したという。

「クリスティアーノ・ロナウドのような選手がサウジリーグでプレーするのを是非とも見たい。

そうなれば、ものすごいポジティブな反響を呼ぶだろうし、誰にとってもビッグニュースになるはずだ。

誰もが彼の功績や記録だけでなく、素晴らしい模範になる選手であることを知っている。

ありえないことはない。当然ながら、非常に高額な契約になるだろうが、この数年で我がクラブたちの収益は上がり続けている。

すでにプレミアリーグでプレーしていた大物選手がサウジにきたケースも目にしている。

選手としてのロナウドが好きだし、彼のプレーをサウジで見たい」

現時点ではサウジ側の願望のようだが…。なお、サウジのどのクラブかについては言及しなかったという。