今年10年ぶりに日本代表に復帰した宮市亮。

彼は2010年に中京大中京高校からアーセナルに移籍したが、実は鹿島アントラーズも獲得に乗り出していた。

鹿島の名スカウトである椎本邦一さんが、内田篤人の冠番組であるDAZNのFOOTBALLに出演(内田も椎本さんがスカウトしたひとり)。宮市について聞かれると、こんな話をしていた。

「(獲りに)いったよ。

たぶん、日本のチームなら、うちに来ていたと思う。

彼は断りにわざわざ名古屋から来てくれたんよ、菓子折りを持って。

電話で最初に話して、あぁ分かったと言ったら、『いつなら椎本さん、いますか?』っていうから、なんでと聞いたら、『ちょっと鹿島まで行こうと思って』というから、いや来なくていいと、こういうのは、イエスかノーしかないんだからと。

でも、いや行きますって来たの。それで30分くらい話して、帰っていった。

(内田が、人間が出ますねと言うと)本当。

彼はその時はまだ海外のチームは決まってなくて、でも本人は海外でやりたいと。

俺はヴェンゲルに負けたんよ、よく言うけど。よくこれはネタで使うんだけど(笑)」

入団を断るために、わざわざ名古屋から鹿島まで挨拶に来たんだそう。

【関連】宮市の復活を願う!「前十字靭帯断裂から復活した」スター10名

そこまでの気遣いを見せる選手は他にいるのだろうか…。