欧州各地で行われているUEFAネーションズリーグ。イングランドは敵地でのイタリア戦に0-1で敗れ、リーグBへの降格が決まった。

5試合で2分3敗、1得点7失点と絶不調。その1点もPKで奪ったものので、流れのなかからの得点がひとつもない。試合後にはミラノまで駆けつけたサポーターからブーイングが飛ぶ事態にもなった。

【動画】W杯に出ないイタリアにやられる…イングランド絶望の神ゴールシーン

ギャレス・サウスゲイト監督は「なぜ得点できないのか、その理由を正確に特定するのは本当に難しい。正しいエリアには入れていると思う。パスが通る瞬間はあったが、今日は最後のクオリティがなかった。最後の反応(ブーイング)は理解できる。こういう結果になってしまったからね。理解できる感情的な反応だ」とコメント。

一方、MFデクラン・ライスは「標準以下だったが、全てが悪かったわけではない。相手のチャンスは1回だけだった。僕らには鋭さが欠けていた。チャンスは作っていた…信じてくれ、俺たちはよくなる」と話していた。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名