若手最強FWに君臨するアーリング・ハーランドとキリアン・エムバペ。

タイプが異なるだけに、どちらを選ぶかは意見が分かれるところだ。

そうしたなか、ポール・スコールズとギャリー・ネヴィルの御意見番2人は『The Overlap』でこの話題をピックアップ。ネヴィルがハーランドを推すと、スコールズはこう話していた。

「最高の若手選手としては、ハーランドよりもエムバペを評価しているよ。

純粋なストライカーということだけでなく、より多くのプレーができる。

サイドに流れたり、ドリブルで相手を抜いたり、クイックだし、ワンツーでもプレーできる。

ハーランドはとんでもなくすごいよ。そこは誤解して欲しくない。でも、彼はゴールスコアラーさ」

得点を奪う点でハーランドは凄いとしつつ、エムバペはよりプレーの幅が広いと評価。

【関連】恐るべし才能!2020年代に「メッシ・ロナウド時代」を終わらせうる5名

そういう意味でエムバペのほうが評価できると考えているようだ。