森保一監督率いる日本代表は9月27日、エクアドルとのテストマッチに臨む。

2-0で勝利した23日のアメリカ戦とともに、26人に絞り込む上で最後の判断材料となる一戦。ワールドカップ直前の11月17日にカナダとの親善試合が組まれたとはいえ、チーム作りにおいても重要な試合となる。

そんなエクアドル戦で「テストされるべき選手」を4名ピックアップしてみた。

なお、4試合を戦った6月シリーズを加味すると、ほとんどの選手の“査定”は済んでいると考えられる。よってその上でこのタイミングで試されるべき選手を挙げる。

瀬古歩夢

瀬古歩夢

まずはやはりこの選手。ワールドカップ2ヶ月前にしてA代表へ初招集された瀬古歩夢だ。

2019年のU-20ワールドカップでは世界の舞台でポテンシャルの高さを見せつけ、将来を嘱望されていたセンターバック。

東京五輪はバックアップメンバーからメンバー入りを果たしたものの、出場はなし。ただ、東京五輪世代では一番下の2000年生まれであった点も考慮する必要がある。

所属するスイス1部のグラスホッパーでは開幕から全8試合に先発出場。2ヶ月後の板倉滉のコンディションが読めないだけに、この22歳が日本代表に何をもたらせるか実戦で見ておく必要がある。