この夏、ミランとの契約満了に伴い、バルセロナにフリー移籍したコートジボワール代表MFフランク・ケシエ。控えという立場にあることから、1月の移籍を希望していると一部で報じられた。

ただ、『Mundo Deportivo』によれば、ケシエの代理人はこの話を否定したとのこと。

「フェイクニュースであり、まったくもって事実ではない」

「ケシエはバルサとこの街でとてもハッピーだ。

彼はこのクラブでわずか数か月しか過ごしておらず、バルサ独自のプレースタイルに適応中なので、まだ時間はかかる。

ケシエはこのチームでの地位を得るために努力を続ける。彼は簡単にあきらめる選手ではない。

夏には他からのオファーもあったが、彼はバルサに強くコミットしていた」

まだバルサのスタイルに適応している段階としつつ、移籍説は大嘘だと否定。

【関連】「残留宣言」後あっさりクラブを去った10名のスター選手

25歳のケシエはバルサと2026年までの契約を結んでいる。