ハダーズフィールド・タウンは3日、先日の試合で怪我を負っていた日本代表DF中山雄太の状況を報告した。

足首の専門家による検査の結果、中山雄太はアキレス腱の損傷によって手術を必要とする状況であることが判明。

そして2022-23シーズンの全てを欠場することになり、もちろんワールドカップへの出場も不可能になったという。

マーク・フォザリンガム監督

「ユウタを長期間失うことは大きな打撃であるが、我々は彼のリハビリをあらゆる面でサポートしていく。

彼は素晴らしい仕事率と熱意を備えた信じられない人物だ。その精神によって、彼はこの時間をできるだけ早く乗り越えることができるだろう。

すでに多くの選手を怪我で失っていることを考えると、彼の負傷は信じられないほどに困難な時期に起こったといえる。

また、我々は皆ユウタがワールドカップの日本代表に合流することができない事実を非常に残念がっている。これは彼が得られたはずの経験だ」

【写真】日本代表、2022年W杯メンバーから無念の落選となった5人

ワールドカップだけでなく、今シーズン全てを欠場することになる中山雄太。大舞台を前に悲しいニュースとなった。また、これによって日本代表に誰が追加招集されるかも注目される。