ワールドカップメンバー26人を名を連ねていた中山雄太だが、無念の欠場が決まった。

ハダーズフィールドでプレーする彼は先日のサンダーランド戦で負傷。検査の結果、アキレス腱損傷が判明した。

クラブは手術が必要であり、今季の残りシーズンは全休すると発表。中山もこのようなメッセージを出した。

「多くのメッセージありがとうございました!

人生初の長期の怪我ですが、これが僕の運命だとしっかりと受け止めてます!

神様がくれた新しい中山雄太への進化のチャンス無駄にせず、しっかりと歩んでいきたいと思います!

W杯での日本代表の躍進を共に全力で応援しましょう!!」

大会直前でのつらいアクシデントのはずだが、それを見せることなく、日本代表へのエールを送っている。

【関連】日本代表、W杯を主力として戦った歴代最強若手メンバー

これに日本代表選手たちも反応。遠藤航、伊東純也、久保建英、冨安健洋らが絵文字でエールを送ると中山はその全てに返信を送る律義さも見せていた。