FIFAワールドカップ・カタール2022はグループステージの試合が全て終了し、決勝トーナメント進出チームが出揃った。

ドイツは日本との初戦に敗れると2大会連続のグループステージ敗退という屈辱を味わうことに…。

そのドイツ代表が日本との初戦でやった「口封じジェスチャー」は大きな話題になった。

カタールは人権面などの問題を抱えており、ドイツを含めた各国は、それに抗議して多様性を支持する「One Love」キャプテンマークを着用するはずだった。だが、FIFAから制裁を受ける可能性があったため、直前で着用を取り止めたが、ドイツ選手たちはその代わりにこのポーズをとったのだ。

そうしたなか、ある映像が話題になっている。

『Guardian』によれば、カタールのテレビ番組で出演者がドイツのポーズをマネるシーンがあったという。

同紙では「ドイツの敗退を祝い、人権問題に対するドイツの姿勢を嘲笑するように見える映像が拡散されている」と伝えている。

【関連】ドイツ代表、2022年W杯から落選した5人のスター

なお、ドイツのハンジ・フリック監督は「ドイツサッカーの将来のために我々はトレーニングで違ったことをやる必要がある。最近、我々はフルバック(サイドバック)を話題にしてきた。ずっとドイツサッカーの良き点 は守備力だった。そういった要素、もっと基本的なものが必要」と述べている。