ポルトガル代表はスイスを6-1で撃破し、ワールドカップ準々決勝進出を決めた。

この試合ではクリスティアーノ・ロナウドがまさかのベンチスタートに。フェルナンド・サントス監督は韓国戦で交代に不満げだったことへの懲罰ではなく、あくまで戦術的選択だったと説明している。

そんな試合ではロナウドの代役となった21歳のゴンサロ・ラモスがハットトリックの大活躍!

『RTP』によれば、ラモスは試合後にこう話していたそう。

「全てがあっという間の出来事だったよ。次もスタメン?それは自分が決めることではない。

最大限に頑張らなければいけない。それで、どうなるか見てみよう。

ロナウドについて?彼は全員と話すように僕にも話してくれる。

彼はキャプテンだし、常に助けようとしてくれる。とてもうまくいっているよ」

ロナウドはベンチに置かれながらも、チームメイトたちをサポートする姿勢を崩していないとのこと。

ラモスは「ロナウドは常にロールモデルであり、多くの選手にとってアイドル。僕はロベルト・レヴァンドフスキとズラタン・イブラヒモヴィッチも好き」とも話しているそう。

【関連】2022年が「最後のW杯になる」世界のビッグスター10名

なお、ロナウドは後半28分から途中出場している。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら