史上初となるワールドカップ5大会連続ゴールを決めたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

関係が決裂していた彼はマンチェスター・ユナイテッドを電撃退団しており、現在は無所属となっている。

そうしたなか、1月にサウジアラビアのアル・ナスルに加入することに合意したと一部で報じられた。

アル・ナスルはスポンサー契約を含む年俸2億ドル(272億円)で2025年までの契約をロナウドに提示したとされている。

ただ、『Record』によれば、ロナウドはスイス戦後に「ノーだ、事実ではない」とその報道を否定したという。

【関連】「タトゥーを入れていないサッカー界最強のスター10人」

また、ロナウドは金ではなく、CLなど最高レベルでのプレーを求めており、アジアでのプレーは選択肢に入っていないとの話もある。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら