近年、欧州の女子サッカー界で強さを見せてきたバルセロナ女子。

南萌華が所属するローマとのUEFA女子チャンピオンズリーグ準々決勝の1stレグに1-0で先勝した。

2020–21シーズンに女子CLを制したバルサ女子は、スペイン国内では敵なし。

2019-20シーズン以降のリーグ戦で負けたのは、なんと1試合だけ。昨季は全勝優勝しており、今季も18試合時点で全勝。

そのバルサ女子はCチームもすごいと話題になっている。今季の成績がこちら(バルサ公式より)。

20試合に全勝しており、総得点はなんと252!そして、失点は0なのだ。その20試合のスコアがこちら。

0-18
8-0
0-11
0-12
0-18
0-14
6-0
24-0
0-6
5-0
0-5
0-14
17-0
18-0
10-0
0-9
9-0
18-0
26-0
0-4

絶対に4点以上を奪っており、24-0という無慈悲な試合も…。

2位チームも得失点差プラス110、3位もプラス90とかなり戦力格差があるリーグのようだが。

【関連】バルセロナ、歴史上最高のベストイレブン

ちなみに、バルサ女子のBチームもリーグ首位に立っている。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら