2021年からバイエルン・ミュンヘンを率いていたユリアン・ナーゲルスマン監督が解任された。

35歳の同氏は、バイエルンでの84試合で60勝14分10敗という戦績だった。

『Sky』によれば、解任の理由はいくつかあるという。

まずは、ブンデスリーガにおけるスポーツ的発展がネガティブだったこと。選手育成も欠如していたという。

また、チームが働かなければいけない時に本人はスキー休暇をとっていたことに選手たちも上層部も驚いていたそう。内部にはそのような意見があったとのこと(彼はスキー休暇中に解任を知ったという話も)。

ただ、実質的には解任ではなく、新たなクラブを見つけるまではバイエルンから給与が支払われるという情報も(トッテナム行きがすでに浮上)。

【関連】最強バイエルンが「0円」で獲得した10人のスター

なお、バイエルンMFヨシュア・キミッヒは指揮官解任に言及。「ナーゲルスマンは突出した監督だとしか言えない。自分は多くの最高の監督と働いてきたが、彼は間違いないなくトップ3に入る」と話している。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら