元日本代表FWの城彰二が、自身のYoutube「JOチャンネル」を更新。播戸竜二とともに日本代表のワントップ争いについてトークを繰り広げた。

そのなかで、ワントップの選手に求められるポストプレーという点で町野修斗と上田綺世を比較。城彰二は上田綺世のプレーについて以下のように評論していた。

城「持っている潜在能力はすごい。それを半分くらいしか生かしていない。

彼は体も強いし、ポストプレーもやろうとする。だけど彼は姿勢が立っている。

立っている姿勢でボールを受けると、距離感も出なくなるし、潰されてしまう。どんなに強くても。

あれでもう少し重心が下がったりするだけで、全然違うプレーヤーになると思う」

播戸「最近はボールを止めようとしているときもあるけど、半身(でやるべき)よね。そして手で相手をどのように抑えるか」

城「彼は自分の体のポテンシャルを生かしきれていないから、だから潰されてしまう。タックルでやられる場面が多いでしょう。

強い分、あれで相手を抑えられると思っちゃうんだろうね。だけど世界レベルになってくるとそうではない。

だからうまく半身になって外へ止めるとか意識しながら練習するともっと伸びるかもしれない」

【関連記事】上田綺世の未来は?ベルギーから大きく飛躍した5人の外国人選手

城彰二はさらに「上田綺世よりも町野修斗のほうが伸びるかもしれない」と話し、日本代表のワントップ争いにおけるポストプレーの重要性を強調していた。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら