リヴァプールは20日に行われたプレミアリーグ第37節アストン・ヴィラ戦に1-1で引き分けた。

アンフィールドでの今季最終戦となった一戦では、今季限りで契約満了になるロベルト・フィルミーノ、ナビ・ケイタ、ジェームズ・ミルナー、アレックス・オックスレイド=チェンバレンのお別れセレモニーも。

終了間際に劇的同点ゴールを決めたフィルミーノは試合後にファンから大喝采を浴びると涙していた。

思わず感極まる…。

ロベルト・フィルミーノ

「加入当初は、天候やサッカーなどあらゆるものに適応するのが大変だった。どの選手も同じさ。

でも、神様のおかげで、僕らはここで全てを達成し、一緒に全てを勝ち取った。チームメイトや家族、監督なしには成し遂げられなかった。

その歴史と一緒に達成した全てをとても誇りに思う。

(最後のゴールは)残念ながら勝利には届かなかったし、望むような結果ではなかった。

でも、ファン、家族、みんな、友人たちと一緒だったホームでのラストゲームはとても感動したし、最後にゴールを決めることができて幸せだった。

このユニフォームと、このビッグクラブと、僕はとても幸せさ」

2015年にリヴァプールに加わったフィルミーノは361試合で110ゴールを記録した。

【関連記事】リヴァプール「歴史上最高のベストイレブン」

リヴァプールは29日のサウサンプトン戦で今季が終了する。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら