キリアン・エムバペのPSGにおける去就問題がまた再燃している。

すでに2024年夏に退団することをクラブに通告しており、この夏にレアル・マドリーへ移籍するという話が浮上しているのだ。

エムバペは今シーズンはPSGに残るとしているが、2025年までの契約延長オプションは行使しないことを認めている。

『Record』によれば、レアル・マドリーに所属するフランス代表エドゥアルド・カマヴィンガはこの件についてこう述べていたそう。

「彼の発言は聞いただろうから、僕はこれ以上言うことはないよ。

でも、彼がレアル・マドリーに来てくれたら嬉しいね。偉大な選手だし、誰もがチームに欲しがるさ。

彼の選択だから、それを尊重しなければいけない。

僕らはとても挑発的だから、こういう話題が会話に出ることもあるし、グループ内ではよく笑っているよ。

昨日は彼を見ていないけれど、彼は常に変わらないし、違う行動もしない。普通だよ」

2人は現在、フランス代表で一緒に過ごしているが、エムバペに特に変わった様子はなかったとか。

【関連記事】なぜ…最も有名な「移籍心変わり事件」8人

フランス代表はジブラルタル、ギリシャとのEURO予選を戦う。その後、エムバペはPSGの一員として来日する予定になっている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★