PSGを退団して、MLSインテル・マイアミへの移籍が決定的となったリオネル・メッシ。加入の正式発表はまだだが、デビュー戦が決まったようだ。

『Axios』によれば、共同オーナーのひとりであるホルヘ・マス氏が、メッシのデビュー戦は7月21日に行われるクルス・アスル(メキシコ)とのリーグカップになる予定だと述べたという。この試合はリーグ戦ではないので、MLSデビュー自体はそれ以降になりそうだ。

マス氏によれば、メッシの契約は2年半ながら、2026年までのオプションも付随しているとのこと。

契約額は年間5000万ドル~6000万ドル(70~85億円)になる規模だとか。さらに、メッシはインテル・マイアミのオーナーシップも取得するという。

【関連記事】残念ながら「ピークを過ぎた」世界的スター選手、5名

メッシとインテル・マイアミは条件合意に達しているが、詳細を詰めたのち、ビザの手配を行う必要がある。

マス氏は契約後にメッシと話したそうで、メッシは今後のスポーツ的プロジェクトなどについて多くの質問をしたという。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★