今夏日本で親善試合を行う予定となっているマンチェスター・シティであるが、リヤド・マフレズはそれを前に退団が決定しそうだ。

『The Athletic』によれば、マフレズは今回サウジアラビア1部リーグのアル・アハリへ移籍することに合意したとのこと。

アル・アハリはマンチェスター・シティに3500万ユーロ(およそ54.5億円)の移籍金と最大500万ユーロ(およそ7.8億円)のボーナスを支払うことを約束しているという。

マフレズはこのあと20日の間にアル・アハリのメディカルチェックを受けることになるようだ。

【関連記事】マンチェスター・シティ、歴代最高の「美しきスカイブルー」7着

アル・アハリは今夏チェルシーからエドゥアール・メンディ、リヴァプールからロベルト・フィルミーノを獲得しており、さらにニューカッスルのアラン・サン・マクシマンとの契約にも近づいているという。

【厳選Qoly】U-23日本代表、奮起が求められる3名!パリ五輪出場には活躍が不可欠

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら