リヴァプールで長くキャプテンを務めてきたイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンは、現在サウジアラビアへの移籍が間近になっているようだ。

『BBC』によれば、今回リヴァプールはサウジアラビア1部リーグのアル・イティファクからのオファーを受け入れ、ヘンダーソンを移籍金1200万ポンドで売却することに合意したという。

すでにヘンダーソン自身は週給70万ポンド(およそ1億2500万円)、年俸に直せばおよそ65億円になる個人的条件に合意しており、この後3年契約を結ぶ予定になっているとのこと。

アル・イティファクは今夏スティーヴン・ジェラード氏が新監督に就任しており、同じくリヴァプールのブラジル代表MFファビーニョにも移籍金4000万ポンド(およそ71.5億円)でオファーを出していると伝えられる。

【関連記事】次はマカリステル!リヴァプールの「10番をつけた7選手」最高から最悪

ヘンダーソンは現在リヴァプールのドイツキャンプに合流しているものの、先日行われたカールスルーエとの親善試合には出場していない。一方ファビーニョはキャンプに帯同していない状況にある。

【厳選Qoly】U-23日本代表、奮起が求められる3名!パリ五輪出場には活躍が不可欠

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら