いよいよ開幕したFIFA女子ワールドカップ。そうしたなか、女子ドイツ代表DFソフィア・クラインハーナの発言が話題になっている。

彼女はフランクフルト女子チームに所属する23歳のディフェンダーだが、『Playboy』で、ドイツ国内の一部で男子サッカーより女子のほうが人気な理由について聞かれると、女子選手のほうが偉ぶらないし、誠実なサッカーでファンに感銘を与えているなどとコメント。

さらに、「ネイマールのような女子選手は知らない。2~3分もピッチに寝転がっている選手はいない。私たちは試合の毎秒に心血を注いでいる」などと述べたのだ。

この発言はSNSで話題になり、ブラジル方面からは批判も寄せられたそう。ただ、『Record』によれば、こう述べたという。

「いくらかは予想していたけれど、あの発言がブラジルで拡散されるとは思っていなかった。

ドイツでは違う聞こえ方をしたと思う、皆が私のことを知っていて、あの発言の意図を分かっているから。

あれは決してネイマールを批判するものではなかった。

誰もがネイマールがブラジルを象徴する存在であることは知っている。だから、あの発言は少し違う解釈をされた。

でも、私は自分の発言を支持しているし、発言を正当化したり、謝罪すべきとは思わない。誰もが私の意図を分かっているから」

ネイマール批判ではないとしつつ、謝罪する必要はないとのこと。

【画像記事】三笘薫がネイマール超えの世界7位!現世界最強の左ウィング10人

グループHに入ったドイツは、モロッコ、コロンビア、韓国と対戦する。

【厳選Qoly】本日韓国戦!小久保玲央ブライアンはなぜベンフィカ「B」でもベンチ外なのか?現地の事情通は「退団の勧め」

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら