オーストラリアとニュージーランドの共催となった今大会のFIFA女子ワールドカップ。

なでしこジャパン(日本女子代表)はザンビアとの初戦に0-5で快勝し、白星発進となった。日本はシュート26本を放つ一方、相手には1本たりともシュートを許さず。

BBCでは、「日本はザンビアに圧勝し、パーフェクトなスタートを切った」と伝えている。一方、破れたザンビアのブルース・ムワペ監督はこう話していたそう。

「多くのミスを犯したが、これで世界の終わりではない。まだチャンスはある。

自分たちの経験不足ともいえるが、日本のようなクオリティのチームとも対戦してきた(のでこの大差は意外)。

言い訳はできないが、今日はいいプレーができなかった。とても失望している。

ポゼッション時にかなりのパニックがあった。ボールをキープするのではなく、前に蹴ってしまおうとする選手たちもいて、相手にポゼッションを返してしまった。

戦術的な規律がなかった、特にサイドで。そこから日本のゴールが生まれた」

ボール保持を怖がるなど戦術的な規律ができていなかったとのこと。

【関連記事】2023女子W杯、「世界で話題の美女選手」5人がこちら

圧勝スタートとなった日本は26日にコスタリカとの第2戦を戦う。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★