7月23日、ホテル日航大阪でアル・ナスルジャパンツアーの来日記者会見が行われ、ルイス・カストロ監督、クリスティアーノ・ロナウド、アンデルソン・タリスカ、そしてスルタン・アル・ガンナームの4名が登壇した。

今回のツアーではパリ・サンジェルマンとインテルとの試合が予定されているアル・ナスル。この記者会見では、抽選で選ばれた3名の少年少女がアル・ナスルの選手たちに質問するというコーナーが設けられた。

そして、その中でクリスティアーノ・ロナウドに対しては「ロナウド選手が次に目指す夢はなんですか?」という質問が。

ヨーロッパで獲得できるタイトルはほとんど手にしてきて、そしてサウジアラビアに戦いの場を移したロナウド。状況を考えれば確かに次の夢を持つのは難しい状況であるが…。

クリスティアーノ・ロナウド

「それはいろいろあります。もちろん、まず目の前の取れる限りのトロフィーを獲得することですね。

もちろんこれは難しいものになります。このアル・ナスルはとてもいいチームであり、目指すものはとても多いです。

素晴らしいシーズンを過ごして、そしてできる限りトロフィーを掲げる。それを楽しみにしてほしいと思っています」

なかなかモチベーションを保ち続けるのが難しい環境にあるなか、クリスティアーノ・ロナウドはとにかく目の前のトロフィーに集中していくことを夢として抱いているという。

【関連記事】ロナウドが日本に来る!サウジ最強アル・ナスルでプレーした「世界的レジェンド選手」

アル・ナスルは25日にパリ・サンジェルマンと、27日にインテルと対戦する予定となっている。会場はどちらもヤンマースタジアム長居だ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、奮起が求められる3名!パリ五輪出場には活躍が不可欠

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら