今夏のマーケットでリオネル・メッシ、セルヒオ・ブスケツ、さらにジョルディ・アルバを獲得したインテル・マイアミ。

あのデイヴィッド・ベッカムがオーナーの一人となっているアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)の新興クラブで、現在急速にその価値を高めているチームだ。

リオネル・メッシとセルヒオ・ブスケツはすでに先週のクルス・アスル戦でデビューを飾り、両者は見事な活躍。メッシは特に試合終了間際の素晴らしい直接フリーキックによるゴールで話題を集めた。

そして25日、インテル・マイアミはさらなる補強を示唆するように「外国人枠をサンノゼ・アースクエイクスから購入」することにしたと発表した。

MLSではアメリカ人およびカナダ人以外の選手については登録制限が課せられているが、15万ドル(およそ2100万円)を支払うことで他チームからその外国人枠を購入することができる。

今回インテル・マイアミは3枚枠を余らせていたサンノゼ・アースクエイクスから1枚を購入することになり、そのために15万ドルを支払ったという。

【関連記事】メッシ加入!アメリカMLSにいた「世界最強クラスのスター選手」10名

インテル・マイアミは現在アンドレス・イニエスタやルイス・スアレスなどの獲得に動いていると言われており、さらなる「バルセロナ化」が図られると予想されている。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら