ポルトガルの名門ベンフィカに所属する22歳のGK小久保玲央ブライアン。プレシーズンメンバーとしてトップチームに帯同している。

ベンフィカには守護神オディセアス・ヴラホディモスが君臨しているが、チームは彼と競い合うような新たなGKを探しているとされている。

『CNN』によれば、ベンフィカのロガー・シュミット監督はGK陣についてこう述べていたそう。

「タイトルを狙いたいなら、チャンピオンズリーグのような大会でプレーしたいなら、いいチームを作らなければいけない。

ベースには満足しているが、重要な選手を何人か失ったので、最善の方法で彼らの穴を埋めたい。

今のチームに満足はしているが、さっきも言ったように、1~2人ほどの選手を失うかもしれないので、備えなければいけない。

GKについては冬にエウトン・レイチを失った(トルコに移籍)が、その時は代役を獲らないと決めた。我々はサム(エウ・ソアレス)、アンドレ(・ゴメス)、玲央ら若手に信頼を寄せた」

ベンフィカはアトレチコ・パラナエンセGKベントらを狙っているとされているが、指揮官は補強候補についてはコメントを避けた。

【画像記事】海外挑戦から5年以上…ぶっちゃけもう日本に帰ってきてほしい日本人7名

もし、新たなGKが加入した場合、玲央ブライアンの去就にも影響が出るかもしれない。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★