J2のFC町田ゼルビアは24日、週末に行われた清水エスパルス戦で負傷したFWエリキの診断結果について発表した。

この試合、前半5分ごろに左ひざを痛め、34分までプレーするも続行不可能となり37分に交代したエリキ。

23分には2点差に突き放すゴールも記録。しかしエリキ交代後、チームは3点を奪われ2-3の逆転負けを喫していた。

今週行われた診断の結果は、左ひざの前十字靭帯断裂、外側半月板損傷、内側側副靱帯損傷の重傷だったとのこと。全治は8ヵ月になるという。

負傷したエリキのコメントは以下の通り。

「いつも、そしてどんな時も応援して頂きありがとうございます。
私は、FC町田ゼルビアファンの皆さんを愛しています。
私は更にパワーアップして戻って来ます。
私は皆さんのことを応援しています!
私のために戦って下さい。
そして選手達を信じて下さい。
クラブの歴史に私の名が刻まれること、そして私は町田というクラブとこの素晴らしいユニフォームに対し常に敬意を表します。
心から感謝しております」

29歳のブラジル人FWであるエリキは、横浜F・マリノスや中国の長春亜泰で実績を残した後、今年1月に町田へ加入。ハードワークを重視するチームの象徴として攻守に躍動し、リーグ最多の18ゴールを決めていた。

現在J2首位を快走し、悲願のJ1昇格へ歩を進めている町田だが、大黒柱であるエリキの長期離脱は痛恨。今季の昇格争いはもちろん、来季への影響も避けられそうにない。

【関連記事】東京都町田市出身のサッカー選手で「最強の5人」はこれ!次点で21歳のMFも

FC町田ゼルビアは今週末、26日(土)に7位モンテディオ山形をホームの町田GIONスタジアムへ迎える。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★