この夏でPSGを退団したリオネル・メッシとネイマール。

そのネイマールが「(メッシは)アルゼンチン代表では天国に登り、全てを勝ちとった。パリでは生き地獄だった。僕も彼も大変だった」などと発言したことが話題になった。

そうしたなか、かつてアーセナルなどで活躍した元フランス代表ロベール・ピレスは、『Canal』の番組でこう言い放ったそう。

「私はそれらを泣き虫と呼ぶ。

プロ選手なら、プレッシャーへの対処法を知っていなければいけない。

いい時は賞賛されてハッピーだが、悪い時もサッカーの一部だ。

私も含めて全ての選手は批判される。私もアーセナルに行った時に言われた。

『こいつは誰だ?マルク・オフェルマルスの後釜としてやって来たがダメだ』とね。

それでも取り組みを続け、最後には報われた」

プロのくせに愚痴るのは弱虫だと斬り捨てていたようだ。

【関連記事】サウジアラビア移籍を選んだことが「あまりに残念」な8名の選手

なお、ピレスはメスとマルセイユでもプレーしたが、PSGに所属したことはない。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★