昨年のワールドカップ以来となるドイツとの試合を控える日本代表。

恒例のTeam Camでは、冨安健洋と田中碧の気になる会話シーンもあった(動画2分50秒から)。

冨安はアーセナルの同僚であるブラジル代表DFガブリエウ・マガリャイス(左利き)のボールも持ち方を実演していたようだ。

また、ブライトンのDFルイス・ダンクとDFヤン・ポール・ファンヘッケのことも「うまい」と感じている模様。

田中は後者についてベルギー人じゃない?と話していたが、冨安が言っていたのは、オランダ人DFファンヘッケのはず。

2人ともに190cmほどの長身ながら、ビルドアップ能力も兼ね備えたセンターバック。

【関連記事】アジア人が世界5位!世界最強のセンターバック10人

冨安はプレミアリーグでプレーするDFたちのプレー面をよくチェックしているようだ。

【厳選Qoly】三浦颯太が最新!川崎フロンターレ、全員日本代表の“裏番”「背番号13の系譜」

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら