ドイツ代表は9日に地元で行われた日本戦に1-4で惨敗した。。

昨年のワールドカップに続く連敗に国内ではショックが広がっているようだ。

試合後、GKマーク=アンドレ・テアシュテーゲンとヨシュア・キミッヒはこう話していた。

マーク=アンドレ・テアシュテーゲン

「僕らはやってはいけないミスをした。僕らは完全に自己批判的だし、良い仕事をしていないことを分かっている」

ヨシュア・キミッヒ

「当然の負けだ。序盤はよかったし、うまく反撃もしたけれど、後半はあまりに乏しかった。

ピッチ上で自分たちの実力を発揮できなかったし、自信がない選手も多かった。

いつも自分たちにはクオリティがあるという話をしているが、それを見せることはほとんどない。

だから、自分たちのクオリティを疑う必要がある。W杯以降、いい試合ができていない」

キミッヒは自分たちの実力を疑う必要があると感じている模様。

【関連記事】日本代表が「強豪に劇的勝利した」5つの歴史的ユニフォーム

一方、テアシュテーゲンは何度もピンチを救うプレーを見せたが、チームとしてのミスを嘆いていたようだ。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら