今年日本代表に定着したDF菅原由勢。オランダ・エールディビジのAZアルクマールでプレーしている彼は、23歳でレギュラーをがっちり確保している。

そして、そんな彼を補強候補としてチェックしていると言われるのが、遠藤航が所属しているイングランド・プレミアリーグのリヴァプール。

今回『Anfield Watch』は「菅原由勢ってどんな選手?リヴァプールの最新ターゲットのプロフィール」という記事を掲載している。

『Anfield Watch』

「23歳の菅原由勢は愛知県豊川市で生まれ、4年間オランダに滞在している。当初はヨングAZ(リザーブチーム)でプレーするためにレンタルでやってきた。

彼のキャリアは名古屋グランパスで始まり、ヨーロッパに来て以来ますます勢いを増している。ヨーロッパリーグ準決勝に進出したAZの一員となった。

主に右サイドバックであるが、非常に多彩なサッカー選手だ。193試合のうち132試合はそうであるが、35試合は右ウイング、20試合はセンターバック、2試合はボランチだった。

このような多様性はリヴァプールにとって魅力的である。ミルナーのようなチームロールプレーヤーは常に必要とされるものだ。

AZは忠実な4-3-3でプレーしており、ビルドアップではサイドバックの創造性を活用している。

菅原由勢は現代的なサイドバックであり、スプリントの総距離60.46メートルは今季のオランダリーグで6位の長さだ。リヴァプールのサッカーができるエネルギッシュさを備えている。昨季以来11アシストを記録しており、90分あたり4.76回のクロスを入れている。

比較すればアレクサンダー=アーノルドは6.86回であるが、二人の選手がクロスを入れるエリアは大きく異なっている。

アレクサンダー=アーノルドは右ハーフスペースを好むが、菅原はゴールラインに近づくことが多く、足の内側でボールを撫でるかのようにしてカールするキックを蹴る。

彼は特にパサーでもなく、過度に上がる選手でもないが、オフザボールでピッチを走り、右サイドの高い位置で前向きのパスを受けることを好む。自分のドリブルで持ち上がることは得意ではなく、アレクサンダー=アーノルドとはタイプが大きく異なる。

そして菅原由勢の弱点は守備的なプレーだ。特に空中戦と地上戦におけるデュエルである。

彼はあまりタックルをせず、90分平均1.67回であり、平均勝利数も1.05回だ。空中戦の勝率も43.8%であり、サイドバックにコンバートされたウインガーのようなプレーをしている。

菅原由勢が提供できるのは、ポゼッションにおいて非常に快適で、高い攻撃力を備えたサイドバックのプレーだ。持ち上がりという点でアレクサンダー=アーノルドと同じものは出せないが、ファイナルサードまで誰かがボールを運べれば違いを生み出すことは示されている」

【関連記事】遠藤航はどうなる!リヴァプール「この10年のボランチ」ベスト5

トレント・アレクサンダー=アーノルドが中盤でも起用されるようになっており、ジョー・ゴメスとバイチェティッチがバックアップを務めているリヴァプールの右サイドバック。そこに菅原由勢が加わったらどうなるだろうか。

 

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら