かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた元イングランド代表MFジェシー・リンガードが、飲酒運転のため5万7000ポンド(およそ1000万円)の罰金処分を受けたようだ。

『The SUN』によれば、リンガードは7月8日にマンチェスターでランボルギーニ・ウルスを運転していた際、制限速度を大きく超えるスピードを出していたため検挙されたという。

警察はリンガードが他の高級車とレースをしているのではないかと考え、道路で彼の車を止めたとのこと。

そしてリンガードの呼気検査を行ったところ、アルコールの法定制限である100mlあたり35マイクログラムを大きく超える76マイクログラムが検出されたそう。

リンガードの代理人によれば、この日彼は友人らと食事に出かけていたものの、ソフトドリンクのみしか飲まなかったという。

ただ、それから家に帰ろうとしたリンガードに仲間のプロサッカー選手から誘いの電話があり、マンチェスターまで飲みに出かけてしまったそう。

なお道路でレースをしていたという疑惑については否定しており、リンガード自身は飲酒運転の事実を認めているとのこと。

今回の飲酒運転によってリンガードには5万7000ポンドの罰金と裁判費用2000ポンド(およそ40万円)の支払いが言い渡されたほか、18ヶ月の免停処分が課せられた。

リンガードは昨年レンジローバーでスピード違反のために検挙されており、さらにその際に身元を明らかにしなかったことから7月に半年間の免停処分を言い渡されていた。そのため今回はそれに加算される形で実質2年の運転禁止となるようだ。

【関連記事】ぶっ飛んでる…超高級車フェラーリを破壊したレジェンド7名

現在フリーエージェントであるリンガードはウェストハム・ユナイテッドで練習参加しており、正式な加入に向けた話し合いも行われているという。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★